FX おすすめ

円高は外為トレードのチャンス?買っておいておけば儲かる?

外為トレードを始めるチャンスはいつかと問われると、いつでもチャンスはありますと答えることになるでしょう。外為トレードの面白さは、円高でも円安でもチャンスを見つけられるという事にあります。FXは買いからではなく、いきなり売りからスタートすることも出来るのです。ですから、手法さえ変えれば、どんな時にも、自分が思っている方に動いてくれれば利益は出すことが可能なのです。

ちなみに、円高の時は買いから入れるので、初心者には取引の流れがわかりやすいので、初参戦しやすいとは言えましょう。売りから入るというのは、慣れていないと何となくわかりやすくない感じがありますから。

何度も申しますが、どんな状態でもFXの場合はチャンスはあるのです。が、長く経験を積んできて、自分の頭の中に色々なパターンが既に焼きついている人と、初心者とは違います。初心者でもプロ級の人でも、自分の判断でトレードをするしかないのです。

ちなみに、円高がかなり進んでいる、あるいは円高すぎると自分で判断した場合は、買いで参戦してみてもいいかもしれません。遠まわしな言い方になってしまいまいが、デイトレードとか、スキャルピングでやって行こうと思っていないで、長く買って持ったままにしていればいつかは利益がでるでしょう。その時間がそのくらいの長さになるかはわかりません。

しかし、自分が今がかなり円高が進んでいると思っていても、更にもっともっと円高が進むかもしれません。それでも、決済しないで何年も持っていれば、いつかは利益が出る可能性は高いけれど、その間、そのお金は動かせないわけです。そうなると、新たに儲けていくチャンスが少なくなります。少ない資金を運用しようとしている場合は、ある程度資金を回転させないと儲からないです。その辺を自分で判断して取引しましょう。判断するのは自分です。色々な人が色々な事を言いますが、細かい動きはなかなか当たらないものです。半分位は外れるかもしれません。残念ながら、自分で判断するしかないのです。

FXで儲かるのは誰?プロのディーラー?資産家の個人?貴方?

外為トレード、あるいはFXで儲かるのは誰でしょうか。もちろんFXをしているしている人の中にも、株をしている人の中にも、プロ、セミプロはたくさんいます。その人達と同じ舞台でお金の取り合いをしてるわけです。しかも、弱小の個人は入ってくる情報も遅い事が多いですし、持っているパソコンなどもずっとパワーのないものでしょう。

そのような事を考えると、普通の個人がプロのやる方法と同じ事をしてもなかなか勝てないでしょう。入ってくる情報は既にかなり遅れていたり、パワーのないパソコンがたった2台しかないとか、スマートフォンだけで取引しているとかですと、プロの人達と同じ事をしていても、勝つのはなかなか難しいはずです。

しかしながら、個人と言っても、資産がかなりある人の場合は、プロのような環境と情報を手に入れる事は可能かもしれません。そして、もちろん、その莫大な資金により、大きく儲けていける可能性も高いでしょう。

では個人では勝てないのかというと、そんな事はありません。ただ、個人だからこそ出来る手法を取り入れる事が必要です。まず、プロと違って、時間軸を自分の好みや都合で選べます。普通の個人投資家は勝てそうもないと思ったり、体調が悪いと思ったら、勝手に休む事が可能です。

プロはそうはいきません。利益を出さないといけません。しかも、自分と同じあるいはそれ以上のプロと競い合いながら利益を出さないといけないのです。そして、決算月が近づくと、負けていても決済をしないといけない場合も多いのです。いわゆるロスカットです。それで、仕事の成績が決まるのですから、精神的にかなりきついでしょう。

このような事を考えると、お金の単位は違っても、誰でも勝てるチャンスも負けるチャンスもあります。もちろん、自分なりのルールにしっかりと従ったり、多少の為替の変動にも動じないくらいの精神的な強さは必要ではあります。しかし、それらの事をきちんとまもれば、個人だって勝てる見込みは十分あります。貴方も儲かります。

円キャリートレードとは何か?FX初心者にも関係ある事ですか?

外国為替証拠金取引、あるいはFXにおいての円キャリートレードが意味するものは、金利の安い通貨を使って金利の高い通貨を調達し、その金利の高い通貨を運用する事です。キャリートレードにはこれといった定義がないのですが、FXにおいては、そういう事を示します。

割と人気のある円キャリートレードは金利の高いオーストラリアドルを買い、そして、それをじっと寝かせておいて、毎日つく金利を稼ぐというトレードです。スワップポイントを稼ぐという稼ぎ方で、その方法のみで、FXをしているサラリーマンなどがとても多いです。このトレードは、デイトレードなどとは全く違う、中期長期の運用になります。

で、日本円の金利はとても低い昨今、このキャリートレードをする通貨として利用されている事でしょう。この事を円キャリートレードと言います。

そして、初心者はこの円キャリートレードで稼ぐという方法は、なかなか稼ぎやすいです。そして、入っていきやすい方法でしょう。ゆっくりじっくりまったりFXの世界に入っていけます。

もちろん、性格的に向かない人もいます。せっかちな人、運用資金が少しでも減ると胃が痛くなってしまったり、眠れないという人は向かないでしょう。デイトレ、それもスキャルピングのほうが性に合う人もいるでしょう、そういう人はこのキャリートレードは合わないでしょう。でも、将来、年を取ってから、もう少しゆっくりとFXをしたいと思った時には、このキャリートレードも魅力的に感じるようになるでしょう。

とにかく、このキャリートレードというのは意味が広いのです。外国為替保証金取引をしている人はもちろん世界中にいます。そして、世界中の通貨を使って、自分の利益になりそうな取引をします。ですから、自分と似ているポジションを持っている人は、日本人ではなく、自分と同じ事を考えている外国人の個人投資家かもしれません。

えっ?貴方のFXの手法は逆張り?順張りよりもタフさが必要ですよ

FXの取引の仕方には順張りと逆張りの正反対の2種類があります。これは株式の取引にもあります。

読んで字の如くですが、順張りと言うのは相場の流れに乗っての素直な取引です。要するに今レートが上がっている中で、まだ今後も上がるであろうと予測して買う事です。またはレートが下がって来ていて、今後も下がるだろうと予測して売る事です。

それに対して、逆張りと言うのは、レートが下がってきている中で、そろそろもう下げ終わるであろう、ここら辺が底だろうと思って、予測して買う事です。また、レートが上がっている中で、そろそろもう上がらないであろうと予測して売る事をいいます。流れに乗るとい順張りとは全く反対の、やや気の早い取引とも言えます。

要するに、予測なのです。チャートなどを見て、こうなるであろうと予測して行動する事なのです。ですから、当たるとは限りません。当たるとしても、必ずしも利益がたくさん出るとは限りません。

順張りの場合はまだ上がると思って買って、確かにまだ上がりはしたけれど、その後すぐに下がり始め、大きな利益にはならなかったという事があります。

しかし、逆張りはがっかりしたとか言う問題ではなくて、精神的にかなり消耗してしまいます。なぜかと言うと、もうこれ以上下がらないだろうと思って買ってみたものの、実はそこからかなり下げてしまう時があるのです。自分なりにチャートを見て、このくらいのレートだったらもうそんなに落ちる事はないであろうと思って買ったのに、びっくりがっかりするわけです。その後、あまりにも下げてしまうと、心臓か胃の辺りがずきっとしたりするのです。もうそんなに下がらないと思っていたのに、何があったのかわからないけれど、下がってしまい、損切りの危機に怯えないといけないわけです。自分のルールで損切りをしないといけなくなるか、強制的に決済されて損切りになってしまうかという状態で過ごさないといけないわけです。なかなか辛いものがあります。逆張りには、精神的なタフさと冷静な判断力が必要とされます。

精神衛生上、順張りのほうがきっといいでしょう。ただ、自分で逆張りにしようとは全く思っていなかったのに、逆張りになってしまう事も現実にはあります。そういう時はどうするかというと、自分で作った損切りのルールに忠実に従うべきです。今回だけは例外などという事は考えないようにしましょう。逆張りは落ちてくるナイフを素手で拾うような感じの時があります。大怪我をしないように、あまり勢いのある落ち方をしているものを逆張りで買うと、大怪我をしてしまいます。注意しましょう。

すごい人気の外国為替証拠金取引!その主な3つの理由

外国為替証拠金取引というと何だかすごく難しそうな響きですが、いわゆるFXというものはここ数年とても人気があります。それまで株式取引をしていた人の中でも、FXのほうが利益が出やすいからとか何とか言って、FXを始めた人が多いようです。元々、株式取引をする人は海外の情報とかにはアンテナを張っていたりしますし、チャートも味方を理解している人が多いので、FXは入りやすいという部分はあるのでしょう。

でも、このすごく人気のあるFXですが、なぜ、こんなに人気があるのかその理由を3つ挙げてみましょう。

まず1つ目ですが、FXは月曜日から金曜日まで24時間ずっと取引が可能だという事が大きいです。株式市場ですと、東京市場が開いている時間帯には、日中働いている人は相場を見る事がなかなかできません。いくらパソコンで自動で売買できるとは言っても、やはり始めのうちとかは特に、実際に動きを見ながら取引したいと思う人が多いはずです。ですから、そういう面でFXは好都合な投資です。

次に2つ目ですが、少ない運用資金で、大きく稼ぐ事が可能な事です。初心者のうちはなかなか難しいですが、ある程度慣れてきて、ここは自信があるから大きく稼ぎたいと思ったら、レバレッジの高い取引をし、その予想通りになったら大きく利益を出す事が可能です。しかし、そんなに自信がない場合は、このレバレッジをかけないで取引をする事も出来ます。

3つ目ですが、スワップ金利に魅力を感じます。これは二つの国の間の金利の差で稼ぐ稼ぎ方なのです。金利の高い国の通貨の買いが成立したら、このスワップ金利をもらえます。今、日本の金利はとても安いです。だから、通貨を買ってスワップ金利を儲けられる国が多いという事になります。

以上ほんの3つ、FXの魅力をあげてみましたが、実際はもっと魅力があります。自分に合った取引ルールをしっかりと決めれば、ずっと楽しんでいけるものです。人気になるのも当然の事でしょう。

FXのレバレッジ規制の実態とは?得する人はどんな人?

以前は、レバレッジ400倍なんていうすごいレバレッジでも取引が出来たのです。このレバレッジというのは自分の、FX会社に預けている証拠金に対する取引金額の倍率の事を言います。例えばレバレッジが400倍の取引が出来るとしたら、10,000円を保証金でも、それの400倍の取引が出来る事になります。ですから、この場合ですと、4,000,000円までの取引が出来るという事になります。すごい信じられない大きな取引金額になりますね。というか、一般的に何も知らない人が始めて聞くと、危なそうに感じられ事でしょう。

しかしながら、2011年8月までには25倍をレバレッジを上限にするようにというレバレッジの規制ができてしまったのです。これは個人投資家の財産を守るために、金融庁が改正案を出し、現在のように上限が25倍になったのです。これに関しては、かなりの上級者の個人投資家や、資産家の個人投資家は不満だったようです。

それで、個人投資家の中では、もっと規制のゆるい海外のFX会社で取引をしようかという動きもあったようです。が、やはり海外のFX会社ですと、何かあった場合に英語で対処しないといけません。それは全ての人に可能なわけではないので、現実にはそんなに海外のFX会社を利用し始めた人は多くはないでしょう。

ちなみに、少ない保証金で、しっかりと高いレバレッジをかけて稼いでいた個人投資家などにとっては好ましくない規制だった事でしょう。特に、高いレバレッジでその日のうちに全ての取引を手仕舞いしてしまうデイトレーダーには、レバレッジ規制のおかげで、大きく取引が出来なくなったので、稼げるチャンスが少なくなったかもしれません。

得するのはどんな人か、という事よりも、得しなかった人はどんな人かという質問のほうが答えやすいです。保証金のあまりない人、追加して保証金を入れられない人、要するに運用資金がその段階であまりない人には、面白くない部分が多くなってしまったでしょう。儲けるチャンスが減ったと感じた事でしょう。しかし、大きく財産を失ってしまう可能性も減った事でしょう。ですから、技術的にかなり未熟で、保証金の少ない人には、なんだかんだ言って安心な規制ではあるはずです。

しかし、FX会社にしても生き残りが大変なので、少ない保証金で取引させてくれる所も増えました。これは保証金をたくさん入れられない、要するに運用資金の少ない人には嬉しい事でしょう。

結局、一般人、FXの事をよく知らない人、少ない保証金で新しく始めようとする安全思考の人にとっては、このレバレッジ規制が入ってからのほうが安心感を持てるようになった事でしょう。ちょっとFXの勉強を始めて、レバレッジが400倍までかけられるというよりも25倍のほうが、イメージとして投機的な感じがしにくいですから。この人達の中には、結果的に、得した人が居る事でしょう。

豪ドルは金利が高い!FX初心者ならスワップポイントを稼いでみよう

豪ドルでスワップポイントを稼ぐのが好きな人、かなりたくさんいます。スワップポイントを稼ぐという方法は、忙しい人に向いていて、ゆっくりと置いておいて稼ぐという方法です。放置して儲けるという、人によっては楽しくないと感じるかもしれないトレード方法ですが、初心者でも利益をあげやすいトレード方法でもあります。

実際、ネットで検索してみると、スワップポイントで少し長いスパンで稼ぐ方法でFXを楽しんでいるサラリーマンがとても多いです。これはいわゆるデイトレードというスピード感のある、忙しいトレードとは違います。

まず、ちょっと大切な事なのですが、このスワップポイントというのはFX会社によって違うのです。ですから、自分がこのスワップポイントを中心に稼ぎたいと思っているのであれば、スワップポイントの高いFX会社を探して、そこでスワップポイントを稼ぎましょう。

で、このスワップポイントというのは土曜日と日曜日はつきませんが、月曜から金曜日まで毎日つくのです。スワップポイントを稼いでいくというのはこの事です。

そして、円安になっていれば、為替にによる収入と、スワップポイントのダブルで儲ける事が出来てしまいます。これはかなり魅力的です。レバレッジを低くしておけば強制的にロスカットされる可能性も少ないので、放置しておいてもすワッピポイントだけで稼いでいける可能性が高いです。初心者でも、それなりに稼いでいけそうです。豪ドルならば、レバレッジを低くしておけば、まったりと忘れるくらい放置しているうちに、ちょっと美味しい思いは出来る可能性が高いです。豪ドルでのスワップポイントは、まったり派には、なかなか面白い投資であるでしょう。

外為トレードでコンスタントに稼ぐコツをご紹介

外為トレードでコンスタントに稼ぐコツというのは何かあるかと問われると、とてもたくさんあるような気もしますし、そんなにないような気もします。どういう事かといいますと、小手先のテクニックは色々あるのですが、コンスタントに勝ち続けていくには、自分に最適な投資スタイルを試行錯誤しながら見つけて、そして、それに忠実に従ってやっていくのが事が、最も肝心な事だからです。

どうしても、自分の性格や、生活パターン、運用資金などにより、取引方法は違ってきます。同じ運用資金で、同じ生活パターンをしていたとしても、性格は違うので投資方法は同じにはならないでしょう。気が割と長い人もいれば、かなり気が短く、そして神経質な人もいます。

まず、基本的な事ですが、自分の取引方法に合ったFX会社を見つけましょう。初心者ならスプレッドは狭いほうがいいですし、スワップポイントは高いほうがいいですし、手数料は少ないほうがいいでしょう。そして、レバレッジを結構選べるほうが使いやすいでしょう。

更に、そのFX会社で用意しているツールが自分にとって使いやすいほうがいいです。特にデイトレードをする人などは、ツールとの相性はすごく大切です。と言っても、一番最初に使ったツールが一番使いやすいという人も多いものです。ツールは各社結構違います。コンスタントに稼ぐには、こういうツール選びも大切です。

次に、コンスタントに稼ぐためには、やはり損切りはしたほうがいいでしょう。いつか戻るのを祈るようにして待っていて、実際に戻る事もあるかもしれません。が、それが何年か先だとしたら、その間、損失を抱えながら、他に運用もできなくなってしまいます。どんどん運用資金、いわゆる保証金を増やしていけるのなら話しは別です。でも、そうでないのなら、お金を回転させなければ、稼ぐチャンスを少なくしてしまいます。ですので、ストップオーダーという逆指値をしておくといいでしょう。もっとひどい状態になって、強制決済をされるよりは、小さな損失で済ませられます。ロスカットは始めのうちは精神的に結構きつく、胃が痛くなる思いをするかもしれませんが、コンスタントに稼ぐには、これは出来るようになって起きましょう。

それと、リスクは分散しておく事です。1つの通貨ペアだけに執着しすぎないほうがよいでしょう。値動きが似ていない通貨ペアを見つけて、それにも投資しておいたら、、リスクを分散出来ます。特に、トレードがデイトレードではなくキャリートレードでやってゆきたいと思っている人には、これは大切です。

他に、デイトレードでやっていこうと思っている人は、時間よっての値動きの特徴を早く覚えましょう。値動きの割と大きい時間帯と、あまり動かない時間帯があります。

以上、自分にあった投資方法を見つけ、あまりにも損失が大きくならないうちに損切りをし、リスクを分散する方法を見つけておけば、ある程度コンスタントに勝てる可能性はあるでしょう。

わかりにくい信託保全!FX会社を選ぶ時に注意するべき事とは

以前は一部信託保全と全額信託保全の2種類があったのですが、現在、全額信託保全というものが、全てのFX会社に義務付けられています。これにより、投資家のFX会社に預けたお金は守られている、という事になるわけです。この信託保全というのは、とても大切な事ではあるのですが、わかりにくいですし、あまり知られていない事だったりします。

詳しく言いますと、FX会社は投資家のお金を信託保全先である信託銀行に預けているのです。投資家のお金とFX会社の資産とを区別していて、信託銀行に投資家のお金を置いておいているわけです。そうする事によって、投資家のお金は守られている事になります。守られていなければ、そのFXの業者が倒産したら、投資家はとても大変な事になってしまう可能性があります。しかし、この信託銀行に預けている事により、投資家の大切な運用資金は守られる事になります。

しかし、その信託銀行が倒産してしまったらどうするのか、という事ですが、それでも大丈夫です。投資家の大切な資金、いわゆる信託財産はちゃんと守られます。守られるとは言っても、投資家の本音としてはこの信託銀行も破綻する可能性の少ないと思われる、メガバンクのほうがいいような気はします。

ちなみに、この信託保全によって信託財産は守られるだけでなく、別の可能性も出てきました。それは全額信託保全になったために、資金力のない、力のないFX会社は顧客のお金を自由に都合よく動かせない状態になってしまったために、経営が苦しくなっていく場合も多いです。、もちろんそれだけが理由ではないでしょうが、ここ最近、FX会社は少し淘汰されて来ています。

投資家が、自分が使うFX会社を選ぶ時は、信託銀行はどこなのかという事まではなかなかチェックしないかもしれません。が、見える位置にそういう事をしっかりと表示しているFX会社は信頼できるような気がするものです。長くおつきあいする事になるのですから、じっくりとちぇっくして、安心できる、自分にあったFX会社を選択しましょう。

FXで大損!?レバレッジ上げすぎていませんか?

FXというと、何だかゲームのような簡単な響きがあります。が、これを日本語では外国為替証拠金取引と言って、決して簡単そうな事には感じない人が多いではないでしょうか。

しかし、海外旅行などに良く出かけたり、海外のブランド品などをよく購入したりなどしているうちに、外国為替に興味を持つようになった人も多いでしょう。昔は外貨普通預金、外貨定期預金などをしていた人なども、段々とこのFXに興味を持つようになって、実際に始めた人も多いでしょう。

そして、不思議なのですが、株式の取引でもそうなのですが、最初はなぜか簡単に勝ったりしやすいのです。ビギナーズラックというものですね。このビギナーズラックというのは不思議なもので、FXを始めたばかりの人でも、体験した話しをよく聞きます。です。初心者で、まだ怖さを全然知らないので、大胆な賭けにでたりするので、勝てるのでしょうか。

そして、勝つ事が多いと、自分はFXに向いているなどと思ってしまい、その辺から気が緩んで、ちょっと甘く見始め、そしてそのうちがつん、とやられるのはお約束みたいなところがあります。

そして、がつんとやられても、それまで美味しい思いをしたから、きっとまた取り返せると思い、そのまま損切り、いわゆるロスカットもせずに、そのままにしておくという状態を長く続けます。この状態を塩漬けにすると言います。漬ける時間の長さによって、浅漬けにするとか、一夜漬けにするとか、色々言い方をする人がいて、面白いです。

しかし、このロスカットをしない状態でいて、どんどん損失を大きくしてしまうと、大損してしまいます。損切りをして、負けを認めたくない、あるいは明らかにお金を少なくしたくないという気持ちは多くの人にあります。が、それ以上に大損したくなければ、ロスカットはしないとけません。

更に、FXの特徴である、レバレッジをかけて取引をすると、自分の保証金に対して儲けも大きいのですが、負けも大きくなってしまう可能性があるのです。このレバレッジというのは、簡単に言うと、取引金額と保証金の割合の事です。現在はレバレッジの上限は25倍です。以前もっと高いレバレッジがあったのですが、2011年8月11日以降は個人のレバレッジは25倍までとなりました。

それで、先ほどはロスカットをしないで大損をするパターンを挙げましたが、今度は勝手にルールによってロスカットされてしまって大損をするという例です。まず、投資家の資産を守るために、勝手にロスカットされてしまうシステムがあるのです。で、これは証拠金が一定の割合を下回ったら、勝手に決済してしまい、それ以上損失を大きくしないための、悲しくもあり切なくもあるシステムなのです。そして、この証拠金の割合はレバレッジが高ければ、高いほそ、証拠金の割合は低くなってしまいます。それで、ロスカットされてしまい、大損したという事になってしまいます。

ですから、最初のうちのまだ慣れていない、まだ色々なパターンに遭遇していないような初心者の場合は、あまりレバレッジは高くないほうが精神的に安心していられる事でしょう。

ちなみに、このレバレッジはFX業者によって、1つのレバレッジしかない所と、何段階かある所がありますこの1つのレバレッジしかない所は上限の25倍しかありません。。初心者はやはり1倍から5倍までのレバレッジのある所が、最初は使いやすいでしょう。もちろん、運用資金が十分にあったり、自信がある方は別です。

以上、自分なりのルールをしっかりと作って取引しないと、大損しますので気をつけましょう。